めまいの原因

めまいというのは、決して珍しい症状ではありません。日常生活で、よく経験することでしょう。

それでは、めまいというのは、どういったことが原因で起こるのでしょうか?

続きを読む →

めまいの種類

めまいの種類には、大きく分けると四つあります。回転性のめまい、動揺性のめまい、浮動性のめまい、立ちくらみ(眼前暗黒感)です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

続きを読む →

めまいがしたときの対処法

めまいや吐き気が同時に起こった場合はどうしますか?きっとパニックになって、慌ててしまうかもしれません。こういう時に、少しでも楽になるための対処法を知っていれば、役に立つはずです。

めまいは症状の差はあれ、経験している人も多いですよね。誰にいつ起きてもおかしくはありません。

まず、めまいが来たら、横になるようにしましょう。この時、頭を低くして、脳に血流が行くようにします。そして、嘔吐による誤嚥を防ぐために、横向けに寝ましょう。ただ、急に横向けにすると、めまいが強くなるかもしれませんので、無理なくゆっくり行ってください。

続きを読む →

めまいは何科で受診すればいい?

めまいの症状があったら、何科を受診するのが良いのでしょうか?めまいの原因には様々なものがありますが、耳鼻科系の病気が原因の場合が最も多いです。それも、耳の三半規管の異常によるものが特に多いでしょう。

なので、初めに耳鼻咽喉科を受診するといいと思います。できれば、受診する病院にめまいの専門医がいるというのが理想ですね。

続きを読む →

原因不明のめまいの本当の原因とは

めまいの中には、原因不明と言われるめまいがあります。

通常、めまいを自覚したら、まずは耳鼻咽喉科にかかるでしょう。耳鼻咽喉科でいろいろ検査してもらっても、特に異常がないという場合があるのです。

また、脳神経外科に回されてみても、そこでも異常がないと言われたり・・・。内科的な疾患も特に見当たらず、何が悪いのかさっぱりわからない。

しかし、確実にめまいは起こってしまうわけです。

続きを読む →

めまいで処方される一般的な薬

めまいは薬で治療することができるのでしょうか?めまいが起こると、めまいだけでなく、吐き気や嘔吐が起こったり、不安症状も出てくるでしょうから、それにあった薬を内服する必要があります。めまいの治療に使う一般的な薬を挙げてみたいと思います。

続きを読む →

慢性のめまいは漢方薬を使う

めまいの種類は、急性なのか慢性なのか、回転性なのか非回転性なのかなど、様々あります。

もちろん、めまいが起こっている原因の病気によって、治療方法も変わってくるのですが、今回は漢方で治療するというところに視点を置いてみました。

続きを読む →

めまいで手術が必要な場合

めまいが起こった際、めまい以外にも吐き気を感じたり、頭痛があったり、症状は様々あると思います。とはいえ、通常、ほとんどのめまいは、抗めまい薬などの薬を使って治療していくことが多いです。

薬を服用することが困難である場合には、点滴などを使用するケースもあるでしょう。投薬治療を行っても、めまいが頻繁に起こってしまったり、症状がなかなか改善されず、仕事や日常生活に支障をきたしてしまう場合には、手術をすることもあるようです。また、手術まではしなくても、耳に点耳薬を入れて治療していくケースなどもあります。

では、手術に至ってしまうめまいのケースとは、どのような病気があるのでしょうか。

続きを読む →

理学療法で改善できるめまいもある

めまいの治療法は、その症状や原因によって薬物治療を行ったりと様々ですが、今回は理学療法について説明していきます。

理学療法というのは、体操やストレッチなどの運動療法を行う治療法です。また、物理療法といって、日常の動作の訓練を光や熱、電気を使って行うこともあります。

このような療法を体に障害がある方に対して行い、機能や能力における障害を予防したり、回復させたりするのが理学療法です。説明だけだと難しい治療のように思われがちですが、そんなことはなく、医師の指導の元で行えば、安心して受けることのできる治療法の一つでしょう。理学療法は医療行為になりますので、必ず医師の指導に従って行う必要があります。

続きを読む →

うつ病などの心因性が原因のめまい

めまいと同時に、耳鳴りや難聴を感じて、耳鼻科に行って薬を処方してもらったけど、いまいち症状が良くならないなんて方も少なくないでしょう。

めまいなどの多くの不快な症状の原因として、ストレスからくるうつ病や自律神経失調症があげられています。このようなうつ病などが原因で起こるめまいのことを「心因性めまい」というのです。

実際に耳鼻科に行って診断してもらった患者さんのうち、5~30%の患者さんが、この心因性めまいだと診断されるそうです。

続きを読む →