めまいが改善されない場合、鍼灸治療を試してみては?

薬物治療などを行い、通院していても、なかなかめまいが改善されないケースもあります。もし、めまいが改善されず、お悩みの方がいらっしゃったら、鍼灸治療を一度試されてはいかがでしょうか。

病院で処方された薬を服用してもめまいが改善されなかったのに、鍼灸治療を行ってから、めまいがほとんど起こらなくなったなんてことも少なくありません。

めまいを悪化させてしまう原因の一つとして、よく自律神経失調症があげられます。

鍼灸治療で副交感神経を刺激してあげることで、ストレスや緊張を取り除いてあげることができるのです。副交感神経には気持ちをリラックスさせたり、鎮静させたりする働きがあるので、自律神経のバランスを整えるのに鍼灸治療は最適なのですね。

全く関係がないと思われがちですが、手足の冷えからくる筋肉の緊張が肩こりなどを発生させ、この肩こりがめまいの原因となることもあります。

鍼を凝り固まっている筋肉部分に打つことで、滞っていた血流の循環が良くなり、全身の血の巡りがスムーズになるために、めまいを改善することができるのです。

鍼灸では、同じめまいだからといって、どの患者さんにも同じところに鍼を打つわけではありません。患者さんによってめまい以外に抱えている症状が違うので、その症状に合った部位に鍼を打っていきます。

鍼灸治療の考え方としては、めまいの改善だけを行うのではなく、体を健康な状態にして、さらに、心の状態も健康に改善していこうというのが最大の特徴でしょう。