めまいの種類

めまいの種類には、大きく分けると四つあります。回転性のめまい、動揺性のめまい、浮動性のめまい、立ちくらみ(眼前暗黒感)です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

回転性のめまいの多くは、主に三半規管や前庭神経の異常が原因ですが、一部、脳が原因で起きることもあります。症状的には、自分か周囲がグルグルと回転するような感覚になることです。代表的な病気としては、メニエール病、突発性難聴、前庭神経炎などがあります。

動揺性のめまいは、頭や体がフラフラして揺れているような感覚になることです。脳幹や小脳などの異常が原因で起きます。代表的な疾患は、脳幹・小脳梗塞や聴神経腫瘍です。回転性めまいが慢性化したり、薬物や視力低下によっても起こることがあります。

浮動性のめまいは、体がフワフワと浮いたような感じになることです。船に上にいるような、雲の上を歩いているようななど、人によって感じ方も様々です。その原因もはっきりとはしていません。発症した症状がこの症状だけであれば、様子を見てもいいでしょう。しかし、この症状が長く続いたり、麻痺症状も同時にあるようなら、病院を受診する必要があります。

立ちくらみ(眼前暗黒感)は、経験したことのある方も多いかもしれません。座っていて立ち上がった瞬間にクラクラしたり、長時間立っていると目の前が真っ暗になったりします。これは、脳が虚血状態になることが原因で起こります。比較的若い女性や低血圧傾向のある人に起こりやすいようです。
代表的な疾患は、起立性調節障害です。