めまいで手術が必要な場合

めまいが起こった際、めまい以外にも吐き気を感じたり、頭痛があったり、症状は様々あると思います。とはいえ、通常、ほとんどのめまいは、抗めまい薬などの薬を使って治療していくことが多いです。

薬を服用することが困難である場合には、点滴などを使用するケースもあるでしょう。投薬治療を行っても、めまいが頻繁に起こってしまったり、症状がなかなか改善されず、仕事や日常生活に支障をきたしてしまう場合には、手術をすることもあるようです。また、手術まではしなくても、耳に点耳薬を入れて治療していくケースなどもあります。

では、手術に至ってしまうめまいのケースとは、どのような病気があるのでしょうか。

手術が必要となるめまいを起こす病気として代表的なのは、「メニエール病」です。

メニエール病はめまいだけを起こすのではなく、めまいを起こすと同時に、耳鳴りや難聴も起こします。普通ならめまい発作が起こらない時には症状が何も出ないのですが、めまいを繰り返し起こしていると難聴や耳鳴りが残ってしまうこともあるのです。薬でめまいを起こす回数を減らしていくこともできます。

ただ、薬を服用してもめまいの回数が減らず、日常生活に支障をきたすようになったら、内リンパ嚢開放術という手術が必要でしょう。メニエール病以外でも、症状がひどくなってしまった場合には手術が行われます。

例えば、「聴神経腫瘍」です。

最初は片耳の耳鳴りだけだったのに、除々にめまいやふらつきなどの症状が現れてくるようなら、手術が必要になります。