めまいで処方される一般的な薬

めまいは薬で治療することができるのでしょうか?めまいが起こると、めまいだけでなく、吐き気や嘔吐が起こったり、不安症状も出てくるでしょうから、それにあった薬を内服する必要があります。めまいの治療に使う一般的な薬を挙げてみたいと思います。

抗めまい薬(血流を良くすることで、めまいの抑制が可能です。)
  • メリスロン(メシル酸ベタヒスチン)・・・内耳の血流を良くして、めまいを抑えます。
  • セファドール(塩酸ジフェニドール)・・・平衡感覚に関係する神経に作用して、血流を良くし、めまいを抑えます。
  • アデホス(ATP)・・・脳や内耳の血流を増やし、めまいを抑えます。
吐き気止め(内服が難しい場合は点滴にして投与されます。)
  • ナウゼリン(ドンペリドン)・・・胃腸の動きを活発にして、食べ物を胃から腸に送り出すことを助け、吐き気や嘔吐の症状を緩和します。
抗不安薬(めまいからくる不安症状を抑えます。)
ソラナックス(アルプラゾラム)、メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)、ワイパックス(ロラゼパム)、デパス(エチゾラム)など。
浸透圧利尿薬(内耳のむくみを改善します。)
イソバイド(イソソルビド)など。
ステロイド薬(めまいからくる難聴を改善し、神経の炎症を改善します。)
プレドニン(プレドニゾロン)など。
ビタミン剤(神経の修復を行います。)
メチコバール(メコバラミン)など。

めまいの治療には、これらの薬が症状に合わせて処方されます。