耳鳴りの原因と治療法

耳鳴りの原因は、一つではありません。例えば、頭蓋骨、特に、顎の骨が歪んだりすると、耳鳴りを発症することがあります。それに、コンサート会場のような大音量の場所に長時間いると、耳鳴りを発症することもあるでしょう。脳腫瘍やメニエール病など、特定の病気が原因で耳鳴りを発症することもよくありますし、ムチウチなど頚椎の圧迫によっても耳鳴りが発症します。また、薬物などの中毒やストレス性自律神経失調症などが原因で耳鳴りが聞こえる場合もあるのです。

つまり、耳鳴りの治療をするには、耳鳴りの原因となっているものを取り除く必要があるわけですね。

耳鳴りは一般的に、難聴を併発していることも多く、難聴と耳鳴りの両方の治療を同時に進めることも珍しくないでしょう。一例としては、老人性難聴などの場合です。

耳鳴りの治療に使われる方法は、その原因にもよりますが、内服薬、注射、漢方薬などによる薬物療法やカウンセリングなどの心理療法。音を使った療法、レーザーや手術などの外科的療法などがよく使われています。

中耳炎が原因の耳鳴りのように、耳だけに原因がある場合には、耳鼻科で治療が行えます。

でも、他に耳以外にも耳鳴りの原因がある場合には、その原因が耳鼻科では診断できなかったり、治療できなかったりするでしょう。その場合には、脳神経外科や精神科、内科など、様々な場所で検査する必要も出てきます。

そして、その病院によっても、治療方針や治療方法には違いがあり、耳鳴りを治療するための機器が十分に揃っていないこともあるようです。まずは、耳鳴りの原因を突き止めた上で、その原因を治療できる病院を探してください。