原因不明の耳鳴りは漢方薬を使う

耳鳴りは病院に行って検査をしてみても、特に異常が見られなかったりするケースが多々あります。これだけ医学が進歩していると言われていても、耳鳴りの原因をなかなか特定できないのも事実です。

もちろん、耳鳴りに効くとされている治療薬を使ったり、ビタミン剤を使って治療をすることも可能です。でも、原因が特定できていないために、すぐに治療効果があらわれないこともあるでしょう。そんな時に効果を発揮してくれるのが、漢方薬なのです。

耳鳴りには様々な要因がありますが、例えば、三半規管に水がたまってしまい、耳の神経を圧迫してしまうことで耳鳴りが起きるケースがあります。そんな時、水分の代謝を良くして余分な水分を調節してくれる漢方を使用したところ、耳鳴りが改善したという症例もあるのです。

老化が原因で起こる耳鳴りに効果的な漢方薬もあります。このようなケースの時に使用される漢方の中で最も代表的な物が「耳聾左慈丸」という薬です。こちらの漢方薬を実際に服用した方は、耳鳴りを気にしないで睡眠をとることができるようになったなど、症状が改善したという声を多く聞きます。

この漢方薬は、補腎薬とも言われていて、年齢と共に衰えてしまった腎機能の改善効果を期待できる漢方でもあり、さらには、若返り効果や強壮効果も見られるでしょう。

耳鳴りは精神的な疲労やストレスが原因でも起こることがあります。そんな時は精神を安定させ、緊張を和らげるような漢方薬を用いてあげると良いでしょう。ただし、漢方薬は人によって合う合わないがあるので、自分の体質に合った漢方薬を探す必要があります。